ふり返り夏日記◆コミティア初参加のこと

ごぶさたしてますー!

今更夏の話題です。
コミケの後、8/30にコミティアに出ました。
人生初コミティアです。
同人のほとんどを二次創作に費やしていたので、今まで縁がなかったのです…

e0331504_1442585.jpg


国樹由香さんからのご縁で親しくなったいしいひさいち先生の奥様のあずきさんにスペース手伝っていただきました。

コミティア!素晴らしい!すっかりとりこです。

会場前、直後は本当に緊張していましたが、始まってからのゆったりした雰囲気。
立ち止まって本を手に取ってくれる人の多さ。
(初参加だし、それはそれは閑散としていたたまれないのでは、と思っていたのです)
じっくり読んでから買ってくれる方は元より、ぱら見でも一声描けてくれる方も頼もしいです。
一気に肩の力が抜けました。
買う側として会場を回っても、いろんなジャンルを好きなように取り扱っているのが見渡せて、うきうきする気分が沢山伝わってきました。

当日は開場時間あたりからあいにくの雨でしたが、「戦利品を宅配に!」などと誰もがあせることなく自由に見て行くさまが新鮮でした。

そして、これは設営する時としない時があるらしいのですが、この8/30には、コミティアさんに提出した見本誌を閲覧するスペースが中央にありました。
お昼過ぎから、ここの見本誌を読んで買ってくださる人が増えました。

ありがたいなあ。とってもありがたい。

もちろんブースで読んでいただくのも歓迎なのだけれども、見本誌を読んだ場所からうちのブースまで足を運んでくれる時間を取ってくださるっていうのがね。ありがたいじゃないですか。

閉場の4時まで半分以上のサークルさんが残って、和気あいあいと即売会は終わりました。

あ、ひとつだけ戦慄したのは。
会場の端にパネルで仕切ったコーナーがありました。
ホールの短い側をずらっとね、ブースの側からは見えないようになってるスペースが。
仕切りの中の様子が、女子トイレから出た瞬間に見えまして。
商業雑誌編集部が横一列に構えてて、そこに持ち込み原稿をしている皆さんの場所だったのです。

自分がネームチェックやら原稿チェック受けてる気持ちが甦ってきて、冷や汗が出ました。
何年やってもなれないもんなんです、この場面。

今年で商業30年目なわけですがね。

11/15のコミティアは在庫が足りなくて出ませんでしたが、1月末のコミティアは申し込みました。
また出てたら、是非お立ち寄りくださいね(^0^)
[PR]
by macamica | 2015-12-03 14:28
<< ふりかえり秋日記◆アシスタント... 通販始めました >>