銀座ぶらぶらGW〜藤城清治影絵横丁展

銀座・教文館(書店)の藤城清治影絵横丁展に行ってきました。

e0331504_14395265.jpg


e0331504_13163615.jpg


藤城清治氏と言えば、わたし世代には。木馬座のケロヨン(着ぐるみ劇)、20年ほど前にはTEPCO(東京電力)の天気予報の背景画などでおなじみです。爆笑問題・太田さんの『マボロシの鳥』の画も担当されてますし、去年は震災をモチーフにした新作を発表されたことも、ニュースなどで取り上げられていました。

e0331504_1316443.jpg


御年89才です。

この展覧会は、藤城氏の意向で、写真撮影OKです。
入り口で、無料の告知ポスターも配っています。
ポスターをあちこちに貼って!写真でお友達に知らせて!と言うことらしいです。

そんなわけで、わたしも布教を始めたいと思いますw

e0331504_13223446.jpg


藤城氏の影絵にメインに登場するキャラクターのひとつ、こびとさんです。目を懲らして観察すると、コスモスがとても丹念に描かれてます。

e0331504_13264950.jpg


こびとさんアップ。

TEPCOのCMでもあったように、藤城氏の作品は、一部をクローズアップして使用されることも多いのですね。
なので、画面のどこを切り取ってみても、充分見応えがある。

e0331504_13314876.jpg


好きな作品なのだけど、写真がヘタクソでうまく撮れなかったものを3つ。

e0331504_13424772.jpg


e0331504_13415331.jpg


e0331504_13435341.jpg


歪んじゃってるよ〜(><)。.゜
クレヨンにまたがって空を飛ぶとか、物語が作れそうでとてもすてき。
自転車は構図が大胆な上に、カ、カエルさんが、車輪に巻き込まれそうに…!?一緒に遊んでる表現なのかな?
チョウチョのこびとさんの絵は、丘の上の花の描写と色が好きです。小さい頃に感じた、胸の中に確かにあるのだけど、おぼろで思い出せないなにかが、心の一部をひっかいてくるようです。

会場中程に、木馬座のキャラクターグッズが。

e0331504_1350985.jpg


このお弁当箱、持ってたー!それ園バッグに入れて、幼稚園に通ってたー!(;▽;)

e0331504_13504585.jpg


そんでもって、このレコード買ってもらったー!ピクチャレコードっていうのかな?盤面に絵が印刷してあるのが好きでたまらなかった!

わたしの年齢は詮索しないでください… |ω・`)

続いて、ネコちゃんいくつか。

e0331504_13551413.jpg


e0331504_13561364.jpg


e0331504_13571565.jpg


e0331504_13581565.jpg


あえて、影絵の一部です。
会場には特別コーナーもあるくらい、氏の影絵にはネコが沢山出てきます。絵全体で見ると、細部の意匠がまた面白いので、ネコ絵がもっとみたい方は、是非会場にお運びを!

いっこだけ。

e0331504_1415226.jpg


こうもり傘を舟にして、旅をするにゃんこ。名前はルミちゃん。
わくわくする一方、なにかもの悲しい。

ネコがらみで、驚きのコラボをご紹介。
e0331504_1452684.jpg



くまモン!!

e0331504_1495020.jpg


違和感ゼロ。

e0331504_1412585.jpg


***

さて。

e0331504_14125124.jpg


ここからは震災の影絵になります。

e0331504_14141719.jpg


人が踏み入れない土地。それでも鮭は川を遡上する。
e0331504_14162677.jpg


e0331504_14195994.jpg

がれきの風景に、過去と未来とを同時に幻視する画家の絵の力。
捧げられた花や折り鶴が光り輝き、一部は天に飛翔する。祈りは絶えることなく、送られ続ける。

e0331504_14253572.jpg


現地の様子は、報道や、今なおボランティアに通う友人からしか聞くことしかできないわたしですが、それらを目の当たりにした人々の情動が、共有できたような気がしました。

***

藤城清治 影絵横丁展は、6月9日(日)までです。
[PR]
by macamica | 2013-05-05 14:39
<< 口絵プレゼントのグッズ画像 銀座ぶらぶらGW〜新茶フェスタ... >>